家事代行とはどこまでを指すのか

家事を誰かにやってもらう事はあるかもしれませんが、お金を払ってまでやってもらうのはどうか、と考える方も少なくないのではないかと思います。 しかし、未就学児を抱えての家事育児は一人でこなすのは限界があります。 子供がいなくても、独身であっても、多忙すぎて家のことまで手がまわらないこともありますよね。

便利屋さんと家事代行サービスは違う?

便利屋という言葉は割とよく聞く言葉ではないかと思います。 家事代行とどこが違うのかといえば、実際のところこれといった違いはなさそうです。 ではなぜ言い方が違うのでしょうか。そこに理由があるのかないのか、少し興味があるので考えてみたいと思います。

ハウスクリーニングとは何か

掃除に特化したサービスといえばハウスクリーニングだと思います。 家事代行サービスの場合は一般家庭で使用する道具や洗剤で代わりに掃除を行ってくれますが、ハウスクリーニングの場合は少し違います。 その違いやサービス内容について考えていきたいと思います。

家事代行が高いかどうかは自分の生活スタイル次第

家事代行とは、一般家庭での家事全般を代わりにやってもらうことを指します。
面倒な浴室などの掃除はもちろん、掃除全般、料理や洗濯、お子さんの送迎や時には遊び相手にもなってくれる、忙しい現代人にとってはありがたいサービスではないかと思います。意外に利用している方も多いそうですが、さすがにスマホやパソコンほど普及していないのが現実です。お金を払ってまでやってもらう価値があるのかどうか、悩んでしまう方々も少なくないのではないでしょうか。それに加えて、未だ家事は女性の仕事と考えている男性陣も多いので、旦那さんに遠慮して頼めない方も多そうですね。
しかし考えようによっては、そんなに高くないサービスだと私は思います。忙しくて思うように家事が出来ない、けど誰も手伝ってくれないから自分でやるしかないと考えて家事をやっていれば心身ともに悪影響を及ぼします。家族にはイライラをぶつけてしまうこともあるかもしれないし、インスタント食品しか用意できなくなって栄養バランスが心配になったり、満足に眠ることもできなくなるかもしれません。人によっては暴飲暴食してしまうという方もいるかもしれません。こういったことが原因で体調を崩して病院通いになってしまったらそれこそいくらかかるか分かりません。
家事代行サービスは、こうした家庭の闇を救う一筋の光ではないかと思います。誰に引け目をとることなく、誰もが気軽に利用できるようなサービスであってほしいと私は思います。