この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

便利屋さんと家事代行サービスは違う?

基本的に個人で出張サービス

家事代行サービスが、会社という組織で行っているのに対して便利屋は個人で行っていることが多いと思います。
開業資金も少なく、すぐに稼げる仕事として便利屋という仕事を選ぶ方も多いのではないでしょうか。価格設定や便利屋の質もピンからキリまでありますが、一度信頼できる便利屋さんを見つけたら、古い友人のような感じで親しみやすそうですね。汚部屋もさらし、自分の弱点もさらけ出しているので今更何も隠すことはないといった感じでしょうか。これが縁で人脈が広がるといったこともあるかもしれません。
こういったことを仕事にする人は基本的に人が好きな方が多いと思うので、あれやこれやと世話を焼かれることもありますが、良い社会勉強と思って素直に好意を受け止めると良いと思います。

便利屋のサービスには縛りがない

家事代行サービスは基本的に組織化されているのでサービス内容も幅は広いですが限定されてきます。
すでに規則が出来ているので規則以外のサービスは提供できないことが多いと思います。それでもそのサービス内容は幅広く、大抵の家庭なら満足できるものだと思います。
それに対して便利屋は個人で行っていることが多いので、サービス内容はその便利屋の力量次第ということになります。例えはあまりよくないかもしれませんが、一日だけ恋人のふりをしてほしいなどという少々常識外れのことを依頼しても引き受けてもらえるかもしれません。これには依頼者の好みもあるので依頼先は少し難航するかもしれませんね。
その他には遺品整理といった少々特殊なこともあると思います。家事代行とはまた少し違うけれど、人の生活に密着した、現代に必要なサービスと言えるでしょう。